コラム バス釣り

フロッグのラバーを手軽に交換する方法

フロッグのラバー交換

ラバースカートが劣化したり、千切れてしまうことはよくあること。ラバーは比較的簡単に交換できるので、手順などを紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

それではどうぞ!

ラバー組み込みの構造

ラバーはボディに固定されていないため、ほとんどが引っ張れば抜けます

基本的に結び目がストッパーの役目を果たし、抜けにくくされているだけです。

ちなみにガバチョなどの左右にラバー吐出口があるフロッグは、一本でまかなっていることがほとんどです。

準備する物

  • お好きなラバー
  • ハサミ
  • 針金(固め)

取り付け手順

step
1
ラバーを帯状のまま結びコブを作る

step
2
針金に引っ掛けたラバーをフックの穴、もしくは他のラバー挿入口から挿入

ノリーズのホショクオンのようにラバー吐出口が一つの場合は、フックの穴から挿入

 

ガバチョなどラバー吐出口がいくつかある場合は、一方の吐出口から挿入

無理やり挿入すると本体が裂けることもあります。十分注意してください

step
3
穴に通したラバー引っ張り、結び目を中に入れる

入れたらこんな感じになります。ちなみに、ガバチョの場合は、先に尻尾を入れてから左右を入れるとスムーズです。

あとは、結び目が出ないように引っ張りながらラバーの帯を引き割けば完成です。

ちょっとしたコツ

ラバーの帯一本丸々使うと、結び目が大きくなり入らないことがあります。穴のサイズにもよりますが、7mm程度がベスト

一本の帯だと結び目が大きくなり穴に入らないことも。7mm程度が適度

 

まとめ

フロッグによっては、フック穴や他のラバー吐出口から挿入が難しい個体もあります。
重りを外して交換する方が容易な場合もありますので、しっかり見極めて自己責任で行ってください。

これからまだまだ活躍の出番のあるフロッグたち。
ぜひ新しいラバーに交換してあげて、カバーにガンガン入れちゃってください!

created by Rinker
ノリーズ(Nories)
¥1,210 (2024/05/21 15:45:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

編集部 アリバくん

三度の飯と同じぐらい釣りが好き。

-コラム, バス釣り

© 2024 FISH STOCK.