コラム バス釣り

【Zoe】ゾーイのポテンシャルに感動!弥栄ダムで実績有り!【インプレ】

THタックルとテイルウオークがコラボしたゾーイ

【Zoe】高いポテンシャル!弥栄ダムに持っていくべき!!

T.H.tackleがリリースしているI字系のギル型ルアー。

本物のブルーギルから型取られただけあって生命感溢れる見た目が特徴的です。

お店に陳列されているパッケージ入りで見るとフックがルアー側面に付いているため「横向きで泳ぐのか?」と勘違いする人もいると思います。

私がそうでした(笑)得体の知れないルアーとして遠ざけていました。

マッキー氏からプレゼントされたことを機に弥栄ダム使ってみると、まあ釣れる!

弥栄ダム バス釣りポイント【広島・山口県 おかっぱり編】

弥栄ダム 広島県大竹市と山口県岩国市にまたがる中国地方最大の人口ダム。 湖畔には飲食店を含む施設が有り、春には花見ができる公園や広場、パークゴルフ、テニスコート、ダム上流にはキャンプ場など充実したレジ ...

続きを見る

特に見えバスでの実績が高く、2回に1回はバイトを誘発するというポテンシャル(真夏の日中に限りですが)。

この感動をお伝えしたく筆をとった次第です。

想像と違った点も多数ありましたので、あわせて紹介します。
よかったら参考にしてください。

それではどうぞ!

微妙に揺れて泳ぐI字系

腹部に装着されたブレード。低速でもしっかり回転し、反射によるアピールだけでなくボディを揺らす役割も

リトリーブ中、目視では分かりづらいほど微妙に揺れています。

これが一番のキモだと思います。

腹部に装着されたブレードの回転により発生する振動がボディに伝わっているようです。

リアルな見た目に微妙な揺れが加わることで、少し離れたバスが気付きゆ〜っくり近づいてくることがほとんどです。

ブレードの反射も集魚に一役買っているのだと思います。

ちょっと分かりづらいですが水中映像でどうぞ

釣果を左右するラバー

テール部分のラバースカートに隠されたフックの役割は絶大

梅雨〜真夏の日中に限って言うと、釣れたバスのほとんどがラバースカートにバイトしていました。

ゆっくり近づいてきたり、スイッチが入ったように襲ってきたりとバイトまでの過程はさまざまですが、

バイトする部分は基本的にラバースカート。中には側面のフェザーフックに喰いつく個体もいましたが極少数でした。

「喰うか、喰うか」と思う瞬間を皆さんも経験したことが思います。

そんな時に、ラバースカートが力を発揮します。

ポイント

ラバースカート内側にトリプルフックが仕込まれているわけです!!

釣り方はスローリトリーブ一択!!

本物のブルーギルを型どったためか、ブレードの回転によるものなのか分かりませんが

早巻きするとボディが片方に傾きます。

アクションを加えると、ドッグウォークのように左右に首振りせず、片方にのみ振ります。

もっともバイトにつながったのが低速リトリーブ。ブレードが回転しつつボディが傾かないある一定のスピードで巻きます。

チェイスがあった際の対応について、ネットや動画でいろいろ紹介されていますが

個人的な意見としては、一定に保つがベストです。

または、ブレードがギリギリ回る程度にスピードを落とすです。

バスがルアー直前まで近づいた際に、アクションや急激なスピードを加えたりするのは逆効果でした。

スイッチが入ることなく、見向きもしなくなりました。

一定もしくはスピードを落とすとラバースカートへの甘噛みのようなバイトにつながります。

釣れる時はたいがい「はむ」

ラバースカートを「はむ」したバス

バイトといっても甘噛み、もしくはキスバイトのようなものがほとんど。当たりを感じないほど浅いバイトです。

釣果の大半が、やる気のないバスがふらふら付いてきてラバースカートをはむ

中には、襲いかかるような勢いで近づくバスもいましたが、なぜか直前で急ブレーキ。「どして!?」と落胆したときにスカートへ「はむ」なんこともありました。

そんなバイトが続いたため、目視できる範囲での使用が良さそうです。

クリアウォーターかつハイプレッシャーで本領発揮

2021年夏の弥栄ダムでしか使ったことがないため一概には言えませんが、バスが目で餌を認識するクリアウオーターでの実績が高いです。特に綺麗な水が流れ込むインレット。

さらに言えば、人の出入りが多いメジャースポットのハイプレッシャー下で本領を発揮しました。

弥栄ダムでいうと大型の回遊も頻繁に目撃できる「白滝広場」と「大根川一丁田橋ふもと」の2箇所です。

ノーシンカーやホバスト・ミドスト、ベイト系の小さなルアーに反応を示さなかったバスに口を使わせる最終兵器として活躍してくれてます。

オリジナルとテイルウォークコラボの違い

T.H.tackleオリジナルとテイルウォークとのコラボでは若干違いがあります。

1つは側面のフックアイ

コラボの方は、側面のフックアイにカバーが装着されています。

オリジナルはカバーがなく、フックアイが若干下に傾いて取り付けられています

コラボの方は、側面に対して垂直に取り付けられ、さらにカバーのようなものが付きスプリットリングが固定されています。

両サイドのフック干渉防止に役立っているようです。

ただ、針先が腹部に引っかかることがあります。綺麗なカラーリングなだけ、塗装が剥がれるのは少し悲しくもなります。

2つめは浮き上がり

2つを使い比べると、浮き上がりの速さに違いがあります。

個体差によるものなのかは定かではありませんが、私が所有するオリジナルは浮き上がりが早く、コラボの方が遅いです。

表層や水面を引くときはオリジナル、一定の層を保ちたい場合はコラボと使い分けることができそうです。

まとめ

大変失礼な話ですが、まったく興味のなかったルアーでした。

その分、釣れた時にはものすごく感動しました。新しい釣りを発見した気分です。

ゾーイにはたくさんの種類があります。

ブレードのサイズが違ったり、ジョイントがあったり、リップのついていたり、多彩にリリースされています。

2021年秋口にはフローティングジョイントゾーイなるものが出るそうです。

私は予約しました(笑)。

手元に届き次第、また紹介しますね。楽しみにしててください。

手元に届きましたのでフローティングについてはこちらをご覧ください!

【Floating Joint Zoe】腕に自信ある猛者のルアー!インプレ

【フローティング・ジョイントゾーイ】腕に自信のある猛者の戦力に T.H.tackleがリリースしているI字系ギル型ルアーのフローティングバージョン。 2021年の秋頃にリリースされ、従来の生命感溢れる ...

続きを見る

 

この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

created by Rinker
Thtackle
¥3,520 (2024/05/21 15:39:27時点 Amazon調べ-詳細)

※記述内容は、あくまで個人の感想です。参考程度にしてください。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

編集部 アリバくん

三度の飯と同じぐらい釣りが好き。

-コラム, バス釣り

© 2024 FISH STOCK.